レゴの歯車セットで遊び広がる!パーツや作品紹介します(動画あり)

レゴ 歯車セット パッケージ 定番おもちゃ
スポンサーリンク

こんにちは!レゴデュプロがメインだった息子ですが、最近レゴクラシックに急にハマりだしたので新しいセットを買いました。

私が買おうと思っていたセットではなかったので迷いましたが、息子が「絶対これがいい!」というので息子の希望のものに。これがなかなか面白いセットだったので紹介します。

今まで使用していたのはベーシックなもの

以前レゴについて書きました。

レゴデュプロはたのしいどうぶつえんのセットから始まり、基本ブロックのセットトイザらス限定の大容量のセットと買い足しました。どれも今は廃盤なのか、Amazonなど見てもものすごい高値がついているのですが…

その後レゴクラシックを買いました。黄色のベーシックなものです。こちらも今は無いようで高値がついています。

ドアや窓、タイヤと様々なパーツが入っているものです。どちらかというとレゴよりプラレールやトミカの方がよく遊んでいたので、売れ筋の大きなものではなくこの手頃なセットを買いました。

思いっきり遊ばせてあげたいならやっぱりこちら↓の人気のものがいいかなと思いますが。

今回買い足したのはこれ

わたしは基本の2×4ポッチの普通のブロックが出来るだけたくさん入ったものが良かったのですが、この歯車に惹かれた息子。どうしてもこれにすると聞きませんでした。

私もこのセットはいつか絶対欲しいなと思っていたので、こちらを買う事に。。

まずはパッケージから紹介します

レゴ 歯車セット パッケージ レゴ 歯車セット

レゴ歯車セット10712

レゴ 歯車セット セット内容 入っているパーツはこんな感じ。

基本ブロックはあまり多くはありません。

歯車パーツの他、円形パーツや棒を挿すことが出来る穴あきのブロックなどが入っています。

 

 

 

開けてみます

レゴ 歯車セット 中身

3つに分かれて入っていました。全部で243ピース+ブロック外しでした。

歯車パーツはこんな感じ

レゴ 歯車パーツ

普通のセットに入っていないようなものは主にこんな感じ。他にも滑らかに回転させるためのパーツなんかが入っています。

歯車パーツの使い方

レゴ 歯車パーツ 組み合わせ方

上のパーツはこんな感じで組み合わせたりして使うようです。結構小さいからでしょうか。こちらのセットの対象年齢は5歳からと、普通のセットより1歳上に設定されています。

確かにこの棒の取り扱いは、普通のブロックより難しいかもしれません。

出来上がったのがこちら

レゴ 歯車セット 作品

黙々と作っていたので、その間家事が捗りました(笑)歯車のおかげでどれも動くようになっています。

レゴ 歯車セットで作った遊具

面白そうだったので私も作ってみました。これも上のつまみを回すと回転します。遊園地にある回転するブランコ?ピンクのパーツが座席になっているようです。

歯車はこんな感じで使われています

レゴ 歯車セット ヘリコプター

この黄色と黒のパーツが歯車。これらが噛み合ってプロペラが回る仕組みになっています。

レゴ 歯車セット ヘリコプター

この白い部分が回すところ。ギザギザが付いているので回しやすい。

こんな感じで動きます

クルクル回るのが面白い。仕掛けがあるものを自分で作ることが出来るので、子どもはとても嬉しそうでした。

特にうちの息子はレゴで作った仕掛けのある装置や自動販売機に興味津々。組み立てるだけでなく、何か仕掛けがあるものを作ってみたいと考えているので、この歯車セットはそんな息子にピッタリでした。

このセットがあると、色々なものが作れそうですね。一気に作品の幅が広がりそうです。

まとめ

レゴのアイデアパーツ、歯車セットを紹介しましたがいかがでしたか?

基本セットを既に持っていて、新しく買い足したい!という方におすすめしたいセットです。遊び慣れているレゴも、動きが加わるともっと好きになるのではないかと思います。

手頃な価格なのも嬉しいですね。私はコジマで2,500円ちょっとで買いました。ポイントが結構付くし安いので、実店舗でおもちゃを買う時はコジマを利用することが多いです。

どなたかの参考になれば嬉しいです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました